きのくにチャレンジランキングきのくにチャレンジランキング

 
記録を登録する
[ログイン]
きのくにチャレンジランキング

みんなでドッジボールラリー

【内容】3分間、1つのボールを使ってキャッチボールを行い、何回捕球できたかを競う。

(1)準備

  1. ドッジボール
  2. ストップウォッチ
  3. 平面上に、投球ラインを示す2本の直線を引く。
  • 低学年:5m間隔
  • 中学年:7m間隔
  • 高学年:10m間隔
みんなでドッジボールラリーの図

(2)方法

  1. 各グループがほぼ半数の人数となるように分かれ、投球ライン後方に縦1列で向かい合って並ぶ。
  2. 計時係の「はじめ」の合図で始める。投球後は、同じ列の後ろに並ぶ。
  3. 3分間たった時点で計時係が「終わり」の合図をし、捕球した回数を計測する。
  4. ボールを落とした後にボールを保持した場合も捕球とする。
  5. 投球ライン内での捕球及び投球はしてはならない。ただし、ボールを落とした後にボールが投球ライン内に入った場合は、中に入ってボールを拾ってもよい。

(3)グループ編成

  1. 学級全員で1つのグループもしくは、学級をいくつかのグループに分けて行う。
  2. 人数が少ない学級は、異学年の児童を加えて行ってもよい。

(4)記録と参加人数

  1. 3分間で捕球した回数を記録とする。
  2. 各グループの記録を、それぞれ登録することができる。
  3. 各グループで取り組んだ結果を学級で1つの記録としたい場合は、各グループの捕球回数の合計をグループ数で割り、その平均回数を記録とすることができる。
    平均回数が小数となった場合は、1/1000の位を切り捨て、1/100の位までとする。
  4. 参加人数は、グループの児童数の合計とする。

(5)実施上の注意等

  1. ボールは、どの大きさのボールを使用してもよい。
  2. 記録挑戦の際は、指導者の立会いのもと実施し、計時係は指導者が行う。

種目のルールの一覧に戻る